ヴォーカル・ピアノ講座


トラディッショナル〜現代のJazzに触れながら、個性を活かしたレッスンをします。



講師:辻本明子-Akiko Tsujimoto
□■ヴォーカルコース■□

歌うことの基本、ヴォイストレーニングで、 地声からファルセットへスムーズに切り替えるテクニックを学びながら、 共鳴する美しい声づくりをします。 ポピュラーやジャズに必要なフィーリングを、リズムトレーニング、スキャット教本などで 体験しながらのソロヴォーカルのレッスンです。

                                

【これまでにレッスンで取り上げたヴォーカリスト&レパートリー】

アーネスティン・アンダーソン Don't Get Around Much Any More
I Love Being Here With You
ダイアナ・クラール This Can't Be Love
I Can't Give You Anything But Love
East Of The Sun
ナタリー・コール Love
Star Dust
Almost Like Being In Love
スティーヴィー・ワンダー Over Joyed, My Cherie Amour
Don't You Worry 'Bout A Thing
マイケル・フランクス Antonio's Song, Popsicle Toes
アントニオ・カルロス・ジョビン The Girl From Ipanema
One Note Samba
No More Blues
etc....
          
 
□■ピアノコース■□

コードネームによる、ポピュラーピアノ演奏、ジャズサウンドに近づくためのコードワーク基本レッスン、 インプロヴィゼーションに必要な、ジャズ理論を学びます。

                                           
【これまでにレッスンでおこなったトランスクライブ】
レッド・ガーランド C Jam Blues
ウィントン・ケリー Autumn Leaves
ビル・エヴァンス Waltz For Debby
  etc......
          

曜日・時間
火曜日 月2回(不定週13:00〜21:00)
水曜日 月2回(不定週13:00〜21:00)

※上記時間内で、グループレッスン90分、個人レッスン45分
※ご希望のレッスンについては別途ご相談ください。


ヴォーカル・ピアノ講座生徒からのメッセージ


S さん (ヴォーカル)

友人から紹介されまず見学し、辻本先生のクラスに通いはじめて半年がたちました。発声にスキャットなど初めてづくしのことばかりでしたが、秋の発表会にも参加させて頂き、良い体験となりました。 誰もが聴いて知っているスタンダードジャズの名曲達に挑戦できることを楽しんでいます。セッションの場で好きな曲を自分のキーで歌えるように、と、楽譜制作にもチャレンジしています。一年後には自由自在に自分で楽譜が移調できることを目指して…


H さん (ヴォーカル・ピアノ)

「今のカッコいい!本当に同じ曲なの!?」 これまでピアノや歌は楽譜どおりに演奏すれば間違いないと思っていました。様々なコードやアレンジ、リズム等を学ぶたびに、同じ曲でも表現の幅がぐぐっと広がります。 辻本先生はたくさんの引き出しを持っていらっしゃいます。私は発声が苦手だとわかれば、それに見合った具体的な練習方法を伝授してくださり、着実に一歩一歩踏みだすことが出来ます。毎回のレッスンで惜しみなく出されるその宝物を持ち帰り、少しずつ自分の成長につなげて、日々音楽を楽しんでいます♪


I さん (ピアノ)

「アドリブで自由に弾いてみたい」というジャズピアノへの憧れから、習える所を探し続けて数年。たまたま友人が出ていた『ハーモニースクエア』の発表会に行き、プログラムの裏に見つけたのが辻本先生のクラスでした。早速見学に行き、生徒が各々の課題を与えられ、練習に取り組んでいる様子を見て、即入学を決めました。
それから既に5年ほど経ちましたが、クラシックピアノとは全く違う、リズム・コードをマスターするにはまだまだです。 年1回の発表会ではプロのミュージシャンとセッションできるので、それを節目の目標としながら、少しずつ、自分の弾きたい音楽を作り出すことを楽しんでいます。


W さん (ヴォーカル)

辻本先生はいつも真っ直ぐに、意欲的に指導して下さり、月2回のレッスンはよい意 味での緊張感があります。発声、発音、スキャット、音楽理論、楽曲…あらゆる角度 から歌うことを見つめ、毎回何かしら新しい発見もあります。
一年に一度の発表会ライブは、都内ライブハウスやホールにて、プロミュージシャンの方々の演奏をバック に、衣装やメイクにも気を配り、ドキドキパフォーマンス・・・。仲間同士の交流にもなり、お互いの成長?や変化を感じる大切なイベントです。 ご自身も積極的な音楽活動を続けておられ、その前向きな姿勢にいつも刺激を受け、励まされています。